2017年3月19日日曜日

カシーの花 Une Fleur de Cassie (2000) by Frédéric Malle

絵の具が拭き取れていなくてごめんなさい(汗)

フレデリック・マル(Editions de Parfums Frédéric Malle)は御存知ルイ・マルの甥っ子のプロデュースするパフューマリー。幾つかの質問欄に回答し、自分に似合いそうな香りを提案してもらいました。答えは3つ出たのですが、そのうちの一つがIFFの調香師ドミニク・ロピオン氏(Dominique Ropion)が創造したカシーの花でした。


印象:
カシーとはアカシアのことらしい。ビゼーのオペラ「カルメン」でドン・ホセが投げつけられる花。ミモザと言った方が伝わるか。着けた後、一呼吸置いてから黄色い花粉のつく花束に顔を突っ込んだかのような青さが前面に出る。それがゆっくりとした鼓動で昭和初期までの白粉の雰囲気に変化してくる。その浮遊感は根っこの方でしっかりと掌握されており、その様はさながら細いが揺るがぬ木の幹。青臭さは遠のくが確実に存在し、黄色みを帯びたままだ。この媚びない白粉の婦人がキッとこちらを見据えている。

個人的にアルデヒドふんだんな香りが好きなので、選んでもらったこの香りはかなり的を得ていると感じた。パウダリーだがしっかりとベースが座っているから不安にはならない。「オフィスで着られる服かシンプルな普段着を着て穏やかで静かに自分を内省するような」と答えたためだ。決して地味ではないお呼ばれに纏っても構わぬ上品な香りなのだが、確かにゴージャスではない。塩気のあるところに甘味を加えたざらめ煎餅の甘しょっぱいところがいい!と言って欲しいような、ポジティブさとネガティブさが絶妙に絡み合ったような、明るい道を暗い気持ちで歩いているかようなモダン・クラシカルなのである。心の何処かに傷を負いながらも誇り高く生きていく趣き。

ドライダウン後は優しく撫でるようにフェードアウトする。たっぷり着ければ話は別だが持続性は多く見積もれば4時間、実感としては2時間半(都内)。とはいえ、時々思い出したかのようにサンダルウッドが香り立つので5時間の時もある(笑)ミモザ、ジャスミン、カシーの花。最初の青臭さは好き嫌いが分かれそうだが、ハート以降のパウダリーな香りはかつて嗅いだことのある懐かしい香りだった。


トップ:
Bergamot, Rose absolute, Violet, Aldehydes
ハート:
Cassie flower absolute, Jasmine absolute, Mimosa absolute, Clove, Cumin, Aldhydes
ベース:
Cedarwood, Sandalwood, Musk ketone

0 件のコメント:

コメントを投稿